TmediX  
HOME企業情報ご提供メニューニュースメディアお問い合わせ
ホーム > ご提供メニュー > VPP症例単価プログラム
VPP症例単価プログラムVOPパンフレットテンプレートマネジゲート経営セミナー製品ラインアップラパロトレーナー標本展開シートメタルプレートフットスイッチストッパースコープ先端保護チューブ

VPP症例単価プログラム

費用最適化・機器運用最適化のソリューション VPP
TmediX がご提案させていただくVPP プログラムは、大規模病院様を対象とした、 リースでもなく一括購入でもない、「症例単価払い」という今までにない発想のサービスです。 TmediX が厳選した最新鋭の内視鏡システムを、初期投資無しで導入できるVPP は、 費用と機器運用を最適化し、費用の可視化と病院経営の改善に貢献します。
患者さま、医師、医療従事スタッフそれぞれが納得のゆく医療環境を実現し、 これからの病院経営の安定化をしっかりとサポートいたします。
症例単価とは?
最初に契約期間である5年間に必要とされるすべてのコストを算出して、契約物件総額を決定します。 それを5年間分の契約症例数*で割り、1症例ごとの使用料を算出します。 それが症例単価です。
*契約症例数:過去の症例数実績と、今後予想される症例数から導き出します。
費用の可視化、変動費化(収支連動型)
機器の「借用」であるリースやレンタルとは異なり、VPP は 機器の一回の「使用」に対し支払いを直結させるサービスです。 リースの場合、症例数の増減に関わらず、一定の支払いが発生しますが、 VPP は実施症例数に応じて一例あたりの料金をお支払い頂きますので安定した収入を確保できます。 つまり、機器コストにのみ着目すれば、VPP なら初期投資が不要のため、1 症例目から利益が確保できることになります。
保守サービスも付帯
VPPは契約期間を5年に設定し機器に対し定期メンテナンスを実施することで、つねに最適な状態で機器を使用することが可能です。 また、器材破損時にも迅速に代替品をご用意するため、医療業務を滞りなく執り行うことができます。
VPP は一括購入に比べ内視鏡システムの価値を、もっとも効率よくお使いいただける5 年間という契約期間を設けています。 内視鏡システムを一括購入すると、5 年を経過した時期から、メンテナンス費用は上昇します。それによって、機器購入費を圧迫してしまうという悪循環に陥ってしまいます。 VPP によって5 年ごとに機器を入れ替えれば、メンテナンス費用は減少し価値の最適化がはかれます。
VPP プログラムに当たっては、外部機関基準による審査がございます。審査によっては貴院でお取扱い致しかねる場合もございますので、ご了承下さい。
ページTOPへ戻る
VPP をご採用いただいたご施設様へのサポートプラン
VPP Option Plan 包括売買契約 [VOP]
VPP Option Plan 包括売買契約 [VOP]は、内視鏡検査や治療に欠かせない内視鏡処置具や 関連消耗品を効率よく運用していただくための、VPPをご採用いただいているご施設様だけの限定プランです。
商品ラインアップ
豊富なラインアップをご用意しております。 弊社コンサルタントまでお問い合わせください。
半年に1 回のレポートを実施
VPP をご採用いただいているご施設様へ、半年に1 回のレポートをお送りします。 このレポートでは、VPP の運用から導き出された内視鏡室や手術室の売上とコストを可視化しご提示しますので、部門売上の把握や院内貢献度の把握にお役立ていただけます。 また、同規模施設との比較結果をご報告するベンチマークレポートにより、ご施設様の相対的な強みや弱みを客観的に把握していただけます。
ページTOPへ戻る
Copyright 2012 © TmediX Corporation. All Rights Reserved.